グループ経営計画

経営目標

2017 年から2019 年の3 年間で、グループ各社の成長と、M&Aなどによる新たな事業の獲得で下記の経営目標の達成を目指します。

2017年
12月期(実績)
2018年
12月期(予想)
2019年
12月期(目標)
連結
売上高
375億円 405億円 500億円
連結
営業利益
49億円 53億円 75億円
連結
営業利益率
13 13.1 15%以上
経営目標

各事業の成長戦略

センシング
ソリューション
(SS)事業
(防犯関連)

海外のセキュリティ市場
トレンドに合わせた
新しい取り組みを推進

一般住宅市場での取り組み

ニーズ

画像で現場を
確認したい

施策

画像確認ニーズに対応したカメラと
センサの一体型製品を発売

欧米大手
セキュリティメーカーとの
タイアップ新製品を拡販

SS事業
SS事業

ファクトリー
オートメーション
(FA)事業

グループシナジーを
活用し、新規顧客開拓で
事業拡大を狙う

顧客層の拡大

従来顧客層

三品業界
(食品・医薬品・化粧品)

+

新規顧客層

電気・電子・半導体業界
自動車業界

従来のオプテックス・エフエーの顧客に加えて、シーシーエスの顧客層に営業することで、付加価値の高い変位センサを拡販

ブレーキディスクの厚み測定

ブレーキディスクの厚み測定

基盤の傾き/ソリ測定

基板の傾き/ソリ測定

製品の共同開発、共同生産、
トータル提案によるシナジーを追求

マシンビジョン
ライティング
(MVL)事業

ソリューションを
拡充し、さらなる
シェアアップを狙う

ソリューション提案の加速

現在

照明にカメラ・レンズを
組み合わせて提案

+

今後

解析システム
カスタム対応

単なる物販ではなく、工場で必要とされる検査ニーズに応えるための製品と技術をトータルで提案

mvl事業

+

システム(画像入力ボード、
ユニット)+カスタム

M&Aの方針

防犯、ファクトリーオートメーション関連のM&A戦略により新たな事業会社の誕生と共にグループ全体の成長に期待

M&Aの方針

OPTEX